• 新規会員登録で初めてのお買い物でも使える200ポイントGET!!
  • 会員ポイントがお得!お買い物ポイント5%毎週お得な週の真ん中10%
  • パール&パステルは日曜日がお得!毎週日曜日送料無料!
  • きれいな髪から理想のスタイルと楽しい日常が生まれる
  • ファインゾーン ベースケアシャンプー・トリートメント
  • ファインゾーン バッファーリペア
  • 後払いがご利用いただけます

便利でお得な会員サービス!
会員サービスのご紹介


会員登録がお済みでないお客様
新規会員登録よりご登録下さい。
会員登録がお済みのお客様
ログイン状況をご確認下さい。

トップページパールアンドパステル特集一覧 ≫ 紫外線による髪へのダメージ&ヘアカラー後のUVケア

紫外線による髪へのダメージ&ヘアカラー後のUVケア

紫外線が強くなる夏の季節。皆さん肌のUVケアはしっかり行っていると思いますが、髪に対してUVケアを行っている方はそれほど多くいらっしゃらないと思います。ところが髪こそ、しっかりUVケアしなければならない理由があります!

そこで今回は、紫外線が与える髪への影響をご紹介し、紫外線の影響を受けやすいヘアカラー後の髪に対するUVケアと当店おすすめUVケアアイテムをご紹介します!ここでご紹介する方法を実践して、秋にも美しい綺麗な長い髪でいられるようにしっかりとヘアケアを行いましょう!

紫外線は肌だけでなく当然髪にも影響があります。

髪は「ケラチン」というたんぱく質が主な成分となっていて、18種類のアミノ酸が結合し合う事で形作られています。紫外線は、このアミノ酸同士の結合(シスチン結合)を切断して髪の強度を弱めキューティクルにもダメージを与える事で、髪内部のたんぱく質が流出する原因を生んでしまいます。

その結果、

ダメージ1:髪にハリやコシがなくなる・髪が乾燥してパサつく(たんぱく質の流出) ダメージ2:枝毛や切れ毛が増える(髪の強度が減少する) ダメージ3:髪にツヤがなくなる(キューティクルへのダメージ)

というような事が起こってしまいます。

髪は肌と違い修復・再生する能力がないので、紫外線からダメージを受けた髪は元に戻る事はありません。綺麗な髪を維持する為には、肌はもちろん髪に対しても紫外線の対策をしっかりと行いましょう。

まず最初に紫外線が髪に与える影響をお伝えしましたが、ここからはヘアカラーを行った髪に対して紫外線が与える影響をお伝えします。ヘアカラーを行った髪に対して紫外線が与える大きな影響は次の2つです。

問題1:紫外線防御力の低下

ヘアカラーの仕組み上、ヘアカラーを行う際に髪内部に含まれるメラニン色素を分解し脱色した所に染料を入れて発色させる必要があります。

実はこのメラニン色素は紫外線を吸収する能力があり、紫外線による影響を弱めて髪や頭皮を守る役目を持っています。ところが、ヘアカラーを行った髪はこのメラニン色素が少ない為、髪が本来持っている紫外線からの防御機能が低下している状態になってしまっています。これによってヘアカラーを行った髪は通常の髪に比べて紫外線からの影響を受けやすくなってしまいます。


問題2:ヘアカラーの褪色

ヘアカラーを行った髪の内部には染料が結合した色素が入っていますが、この色素が紫外線による髪のダメージによって、傷んだ部分から流出してしまい褪色の原因になる場合があります。さらに色素そのものが紫外線によって構造が変化したり分解されてしまう事によって褪色してしまう事もあります。

紫外線を受けるとヘアカラーの持ちが悪くなったり発色が悪くなったりする事があるのはこのような理由があります。


以上のようにヘアカラーを行った後の髪は、紫外線防御力の低下やヘアカラーの褪色等の問題にさらされています。これらの問題を防ぐ為には、ヘアカラー向けのアフターケアをしっかりと行い健康な髪に近づける必要があります。そうする事で、ヘアカラーの綺麗な発色を長持ちさせて、健康で自然な輝きを持ったカラーヘアを維持する事が出来ます。

このアフターケアを怠ると紫外線によるダメージが蓄積され、光沢感の無いバサバサしたカラーヘアになり、修復不可能でカットするしかないような深刻な事態になってしまう可能性があるので注意が必要です!

そんなヘアカラーを行った髪に対して徹底的にダメージ補修を行う事を重視して作られたアイテム。それがバッファーリペアです。バッファーリペアの大きな特徴は次の3つです。

ポイント1:ヘアカラー後の残留アルカリを穏やかに除去

ヘアカラーは、アルカリ剤と過酸化水素水を混ぜ、メラニン色素を分解・脱色して、染料どうしを結合させる事により発色させます。ここで使用されるアルカリ剤は、水では取り除く事が出来ません。その結果、ヘアカラーした後の髪はアルカリ性の状態になっています。これが原因となり色の変色や褪色が進んでしまうのです。

バッファー リペア」には、残留アルカリを除去して髪を穏やかに弱酸性(等電点)に戻すグリコール酸と呼ばれる成分を配合しています。これにより髪がアルカリの状態から本来の弱酸性の健康な状態に戻り、ダメージの原因となる要素を取り除く事が出来るのです。

ポイント2:ヘマチンがヘアカラーのダメージを集中補修

バッファー リペア」にはヘマチンと呼ばれる成分が配合されています。ヘマチンはヘアカラーによってダメージを受けた部分に吸着しダメージを補修する事が出来ます。これによりヘアカラー後の、髪のパサつき・ちぢれなどを解消し、しなやかで自然なツヤのある髪にする事が出来ます。また、ヘマチンには紫外線を吸収する力があるので、ヘアカラー後の髪を紫外線から守る働きも持っています。

ポイント3:カラーの褪色を抑えるコラーゲン誘導体配合

バッファー リペア」には、ヘアカラーの持ちを良くする天然素材のコラーゲン誘導体を配合しています。

実はヘアカラーの色を発色している染料は何種類かの染料が重合している為、それほど安定していないのが事実です。これが原因となって、褪色や変色を起こす場合もあります。そこで、バッファー リペアはコラーゲン誘導体を配合する事で、タンパク質の流出を防ぎ、ダメージを受けている部分を修復し保護して強化することでカラーやパーマの持ちを良くする事が出来ます。


当店が自信を持っておすすめする、ヘアカラー後のヘアケアアイテム「バッファー リペア」をぜひ一度お試し下さい。

商品詳細

当店がオススメするヘアカラー後のUVケアアイテムとUVケアに効果のある成分をご紹介します。

UVケア成分1:ヘマチン

ヘマチンはヘアカラー等によってダメージを受けた部分に吸着して髪を補修します。これにより髪のパサつき・縮れ・ヘアカラーの褪色を抑え、しなやかなツヤをよみがえらせる事が出来ます。また、ヘマチンには紫外線を吸収する性質があり、特にUV-A(315〜400nm)には効果的です。また、ヘマチンは髪と一度結びつくと水に洗い落とされてもなくなるようなことが無いので夏の海や川のレジャーにも効果的です。

UVケア成分2:シア脂

シア脂は、西アフリカの乾燥した厳しい自然環境の中で育つシアの木の実から採れます。現地ではこのシア脂をそのまま肌に付け、アフリカ大陸の強い紫外線や乾燥から肌を保護する為に使われていますが、このシア脂をヘアケアで使用することで、髪の紫外線の吸収力を高めしなやかでしっとりとした髪にする事が出来ます。

UVケア成分3:セリシン

セリシンは蚕(カイコ)の作る繭(まゆ)から得られるたんぱく質で、繭の中の蚕を紫外線から守る働きをしています。このセリシンには人体に最も有害とされるUV-B(280〜315nm)の紫外線の透過率を低下させることが出来る為、このセリシンが入っているアイテムでヘアケアを行う事で、紫外線から髪を保護することが出来ます。さらにセリシンは皮膜形成能力によって髪をコートすることが出来るので、髪を保護しながら水分を保持して保湿力を高める事で、髪にハリとコシを与える事が出来ます。