• 新規会員登録で初めてのお買い物でも使える200ポイントGET!!
  • 会員ポイントがお得!お買い物ポイント5%毎週お得な週の真ん中10%
  • パール&パステルは日曜日がお得!毎週日曜日送料無料!
  • きれいな髪から理想のスタイルと楽しい日常が生まれる
  • ファインゾーン ベースケアシャンプー・トリートメント
  • ファインゾーン バッファーリペア
  • 後払いがご利用いただけます

便利でお得な会員サービス!
会員サービスのご紹介


会員登録がお済みでないお客様
新規会員登録よりご登録下さい。
会員登録がお済みのお客様
ログイン状況をご確認下さい。

トップページ ≫ 掲示板によせられたお問い合わせ(Q&A)

掲示板によせられたお問い合わせ(Q&A)

当店の掲示板に寄せられたお問い合わせをQ&A形式でまとめました。


ヘアカラーの選び方

ヘアカラー2剤の選び方を教えて下さい。

既染毛は3%がお薦めです。新生毛については6%で良いと思います。毛先がOX 6%では、傷みやすいので、全体的にトーンアップをご希望で毛先にも6%をお使いのようでしたら、出来ればフェアリカラーでタンパク質などを補給しながら、染めてください。ヘアカラー後は、バッファートリートメントをご使用いただく事もおススメです。

髪を明るくしたいのですが、髪の傷みが気になるので、2剤を4.5%にして全体を染めても大丈夫でしょうか?

明るくしたいトーンにもよりますが、4.5%の2剤では新生毛のメラニン色素を脱色するのは難しく、ご希望の明るさにならない場合があります。6%の2剤をご利用頂くのがおススメです。4.5%の2剤は、頭皮が弱く6%の2剤では皮膚が痛いというような方にお使い頂いています。また、6〜7トーンあたりの明るさがご希望であれば、4.5%の2剤でも実現出来ると思います。

トリートメントカラーでも髪は明るくできるのでしょうか?

当店で取り扱っている代表的なトリートメントカラーですと、エルコスのキュプアスカラーバターというものがありますが、染まる仕組みとして、これはヘアマニキュアに近いようなものになりますので、髪を明るくする事は出来ません。特に黒髪部分に対しては、変化をもたらす事は期待できないと思って頂いていいと思います。

初めてヘアカラーを購入しようと思っているのですが、かなり明るくしたい場合には1剤をどのように選べばいいでしょうか?

メーカーにもよりますが、1剤には「明度を表す数字」と「色を表すアルファベットまたは色の名前」が商品名に含まれている事が多いです。明度を表す数値は、数字が大きいほど明るくなり、小さいほど暗くなります。自然な黒髪では3〜4トーンほどと言われていますので、参考にしてください。色については、アルファベットで書かれているものは色の頭文字をとっているものが多いです。「B=ブラウン、Be=ベージュ、R=レッド」などになります。ご不明な場合には、各商品ページにある「この商品について問い合わせるボタン」より、色をお尋ねください。

プリン状態なのですが、ヘアカラーの塗り方のコツ・手順を教えて下さい。

既染部も染められるようでしたら、薬剤は少し多めにしてください。肩くらいまでの長さでしたら、1剤120g + 2剤120ccは必要です。塗布の手順ですが、1.根元部分約1cm程度残して、新しく生えた部分へ塗布約2センチくらいを塗布してください。(10分くらい放置)2.根元部分への塗布して、続けて8トーンになっている既染毛部を塗布するようにしてください。簡単に言いますと、伸びた新生毛を根元を少し空けて塗布して、続けて根元と既染毛部をほぼ同時くらいの意識で塗布していきましょう。全体染めの場合は、手早く染める事と薬剤の塗布をなるべく均一にすることですが、なかなか難しいかと思います。ムラ染めのミスをなくすには、全体にカラー剤を塗布しましたら、なるべくならアミノ酸系のシャンプーがよいのですが、シャンプーをしてカラー剤をシャンプーで均一にすることです。セルフカラーですと、難しいかと思います。全体にカラー剤を塗布しまら、シャンプーで均一になるように泡で髪を揉みこんでみてください。15分放置アミノ酸系のシャンプーは、こちらがお薦めです。 ファインゾーン / ベースケアシャンプー 300ml

ブリーチした髪にカラーを入れているのですが、すぐに色落ちしてしまいます。

ブリーチした髪は、キューティクルが剥がれているので、色素の流出が激しいですね。そのような髪には、本来はバッファー剤というものを使い色の褪色を抑えると言う事が必要です。

ブリーチした髪にヘアマニキュアを入れているのですが、色がうまく出ません。

ブリーチした髪は、キューティクルが剥がれているまたは開いているので、ヘアマニキュアの色素が定着しません。そのような髪には、本来はバッファー剤というものを使い、キューティクルを整えてから行うという事が必要です。

カラーの1剤と2剤はどのくらいの割合で混ぜればよいのでしょうか?

用途によって変わってきますが、基本的には1剤と2剤の割合は1:1で大丈夫です。11トーンを超えるような明るい髪色に染めたい場合には、2剤の割合を1.5〜2に増やす必要がありますが、難易度が非常に高いので美容室で行う事をおススメします。

白髪があるのですが、明るくしたいです。何か方法はありますか?

髪質によって異なりますので、一概には言えませんが、7〜8トーンくらいの色であれば、白髪に対しても発色しキレイに染まります。自然な黒髪が大体3〜4トーン程度ですので、明るく感じられると思います。

現在黒髪で、仕上がりは暗め(4トーン程度)でもよいのですが、そういった場合でも2剤は6%を使いますか?

4トーン程度でしたら、地毛とほぼ変わらないくらいの明るさですので、2剤は6%ではなく、4.5%などでも構いません。メーカーによって2剤のパーセンテージは異なりますので、ヘアカラー特集ページをご覧になって、ご確認ください。2剤の役割としては、明度を上げるためにメラニン色素を破壊するという事が役割の1つです。明度を特に上げる必要が無い場合には、強い2剤を使用する必要はありません。ただし、黒染めをしている髪や地毛がかなり黒いという場合には、6%をお使い頂いた方が希望の色にはなりやすいです。

UP

ヘアカラーのテクニック

ムラにならずに、ヘアカラーをする方法はありますか?

アミノ酸シャンプーを使った、ソープキャップがおススメです。用意するものとしては、「ヘアカラー1剤」、「ヘアカラー2剤 OX3%」、「コラーゲンPPT100 3g」、「フェアリードロップまたはホホバオイル 2-3cc」、「バッファー剤」、「アミノ酸シャンプー 10-20cc」、「ヘアダイカップ」、「ヘアダイ ブラシ(ハケ)」などです。 薬剤の調合方法ですが、まずヘアダイカップにヘアカラー1剤+ヘアカラー2剤 OX3% 配合比率 1:1にします。次に、コラーゲンPPT100 3gと.フェアリードロップまたはホホバオイル 2-3ccを配合し、よく混ぜ合わせます。 ヘアカラーの手順としては、まずフロントの生え際+分け目に根元からヘアダイブラシで塗布してください。後は本当に適当に髪の根元に薬剤を塗布してください。根元あたりに薬剤が付いていればOKです。次に、アミノ酸シャンプーを手に取り、少し手のひらで泡だてたら、そのままシャンプーするように髪全体に揉みこんで下さい。根元に塗布したカラー薬剤を髪全体に平均化します。根元をよく揉み込むようにしてください。このまま、25分くらい自然放置します。お時間が来ましたら、お湯で洗い流して下さい。この時は、出来るだけアミノ酸シャンプーで、シャンプーをしてください。シャンプー後は、バッファー剤を使い、アルカリを除去してください。バッファーを髪全体になじませて洗い流した後は、トリートメントをして流して下さい。 これは、6トーンレベルのヘアカラーを希望色としましたので、2剤はOX3%にしました。本来はリタッチカラーをして、中間及び毛先にはヘアカラーをしたくはありまんが、OX3%であれば、コラーゲンPPT+.フェアリードロップまたはホホバオイル+バッファー剤 を使用しているのでダメージするとは考えにくいです。カラー剤を根元に付けて、アミノ酸シャンプーすることによって、薬剤が平均化してムラ染めになることはありません。アミノ酸シャンプーですので、毛髪への負担も考えられません。また.バッファー剤を使用することで、アルカリ除去とキューティクルを整えることも重要です。

外国人のようなきれいなブロンドにしたいので、髪を脱色したいのですが、どうすればよいでしょうか?

ヘアブリーチは髪に対しての負担が大きいので、ブリーチ剤にコラーゲンPPTを配合することをお勧めいたします。またヘアブリーチをするとキューティクルが開いたままの状態ですから、ブリーチ直後のヘアカラーでも、カラーが髪内部に留まってくれず、キレイに発色しません。ですから、ブリーチ後にバッファー剤を必ずご使用ください。ブリーチ剤には、アリミノ/ティントエスケープ、バッファー剤は、ファインゾーン バッファーリペア、コラーゲンPPTは、ファインゾーン / HCコラーゲンPPT100 100gがよいと思います。

赤みを出さずに染めたいのですが、方法はありますか?

まずは、日本人の髪の特性について理解をしておきましょう。私たち日本人と欧米人とでは、メラニンの濃さだけでなく種類の違いがあります。日本人は暗褐色のメラニンであるユーメラニンを多く含みますが、欧米人は黄系のフォアメラニンを含有しています。暗褐色が濃い場合は、ヘアカラー2剤でメラニン破壊をすると、赤みが出てきます。日本人の髪質のほとんどは典型的なユーメラニンを多く含むタイプであるために、明度が上がらないで赤みが出てくる事があります。欧米人は、ブリーチをするとフォアメラニンが薄くなっていくので、黄系ブロンドになっていきます。赤みを消す色は緑になりますから、マット系のカラーをご選択下さい。髪質的に明るくなりにくい場合には、ライトナーを併せてお使い下さい。

茶系のカラーで染めたら、緑色っぽくなってしまいました。なぜですか?

原因の1つとしてですが、「金属性染毛剤」をお使いになった事があるからかもしれません。金属性染毛剤というのは、銅や銀などの塩系の金属を時間の経過などにより酸化させる事で黒くするという仕組みで染めるものですが、太陽の光で染まるというような内容で販売されている事が多いように思います。これを行った部分に関しては、カラーの発色がキレイに出ない事が多いので、注意が必要です。

UP

ヘアカラーのケア

ヘアカラーをしたいのですが、髪が傷んでいるので、シリコン系のトリートメントをしてもよいのでしょうか?

シリコン皮膜は、連用して髪に付着すると、とても厄介なものです。シリコン系トリートメントのご使用は避けた方がよいと思います。

ヘアカラーとヘアマニキュアを交互に行っても問題無いでしょうか?

ヘアマニキュアの特徴として、ヘアマニキュアの顔料を平均化して髪に付着しやすくする成分が配合されていますが、ジメチコンなどのシリコン系被膜形成剤ではないので、それほどの強い被膜形成力はないと思います。ヘアマニキュアとヘアカラーと併用しても、そんなに影響を与えないと思いますが、ヘアカラーを安心して行う為に、ヘアマニキュア落しなどをしてから、ヘアカラーをするとよいかと思います。専用のマニキュア落しもメーカーにはありますが、シリコン被膜を除去できるピールリムーバーという商品で代用できると考えます。成分的にも、髪への負担もなくて安心だと思いますので、おススメです。

ヘアカラーで髪が傷んでいます。どのようなケアをしたらよいでしょうか?

ヘアカラー直後は、残留するアルカリが髪には良くないので、バッファー剤をお使いになるとよいと思います。バッファー剤は、髪のバサバサ感を少しでも改善していただけるアイテムですので、続けてご使用になってみてください。

キレイに染まった色を保つ事が出来るシャンプーはありますか?

キュプアス カラーシャンプーがおススメです。染めた色の系統に合わせて、カラーシャンプーもお選びいただくと、少しだけですが、補色しながら洗い上げる事が出来ますので、色が長持ちします。

カラーの褪色が早く、困っています。カラーが長持ちするようにするにはどうすればよいですか?

アミノ酸系の洗浄力がやさしいシャンプーをお使いになるといいと思います。また、アルカリ性のヘアカラーにより髪のキューティクルが開いた状態になってしまっていると、カラーが抜けてしまうスピードも早くなりますので、バッファー剤でしっかりとアルカリ除去をしてあげると、褪色の原因を取り除きながら、キューティクルをケアする事が出来ますので、おススメです。

美容室でヘアカラーをしたら、髪がバサバサになってしまいました。どうにかなりませんか?

恐らく強い薬剤を使用したために、CMC(細胞膜複合体)が破壊され、バサバサとした感じになったのではと思います。。CMC(細胞膜複合体)というのは、髪の水分を調整する機能のことを言います。ヘアカラーによって、アルカリに傾いたままですので、まずは『バッファーリペア』で手当てすることが重要です。さらに、弊社美容室でもご好評頂いているトリートメントメニューがあるのですが、それの簡易版をご自宅で行う事が出来ますので、ぜひお試しください。
お手持ちのトリートメント(なるべくノンシリコン処方)15gに『フェアリーアリュールという美容液』を1cc混ぜて使ってみてください。1週間に2回お使い頂ければ、かなりバサバサは改善されるはずです。フェアリーアリュールは、ペリセアという超高機能な保湿成分を主成分としていますので、CMC(細胞膜複合体)の改善には、効果を発揮します。

UP

ヘアマニキュアについて

ヘアマニキュアは傷みますか?

ヘアマニキュアは、メラニンを破壊していく酸化染毛剤ではないので、ダメージについては心配ありません。

ヘアマニキュアを落としたいのですが、どうすればいいですか?

シリコンの除去が出来る商品がおススメです。ピールリムーバーという商品がございますので、こちらをおススメします。専用のマニキュア落としよりも、ダメージなく色が落ちると思います。

UP

ヘアケア商品の選び方について

頭皮のニオイが気になるのですが、何かケアする商品や方法はありますか?

髪や頭皮に対して負担なく洗い上げるには、アミノ酸系のシャンプーがおススメなのですが、皮脂をしっかりと落としたい時などには、不向きな事があります。まずは、現在お使いのシャンプーで洗う際にシャンプー用のブラシを使って洗ってみるようにして下さい。それでも改善が見られなければ、頭皮の洗浄剤をご利用になるといいと思います。おススメとしては、「ILGA 薬用スキャルプクリンローション」という商品があります。これは、シャンプー前の乾いた状態で頭皮全体によく揉みこみ、マッサージした後に通常通りシャンプーをするといった流れになるのですが、シャンプー前にこれを使う事で、皮脂汚れが浮きあがり、シャンプーで汚れが洗い流しやすくなります。頭皮のニオイは、酸化した皮脂が原因となっている事が多いので、こちらの方法がおススメです。

髪が細いとよく言われます。絡まったりするのも気になるのですが、おススメの商品はありますか?

細毛の方は、どうしてもダメージしやすく外部の影響を受けやすいという性質の髪ですから、シャンプーはアミノ酸系のものがよいと思います。ラウレス系のシャンプーは泡立ちが良いので、お客様の多くが使用していますが、やはり洗浄力が強いので、細毛タイプの方には不向きな場合が多いです。おススメのシャンプーとしては、『ファインゾーン ベースケアシャンプー』がいいと思います。

枝毛が多く、よく途中で毛が切れているのを見かけます。何か対応方法はありますか?

枝毛・切れ毛があると言う事ですので、キューティクルが損傷している可能性が高いですね。お薦めのシャンプー・トリートメントとしては、アミノ酸系のシャンプーと枝毛を予防するトリートメントが良いでしょう。それとブロー前に、洗い流さないタイプのキューティクル保護トリートメントもご検討されては、いかがでしょうか。 おススメシャンプーは『ファインゾーン ベースケアシャンプー』です。トリートメントとしては、『ファインゾーン ベースケアトリートメント』がいいと思います。洗い流さないトリートメントは、18-MEAというキューティクルの天然保護成分を配合した『サニッシュ フェアリードロップ』がおススメです。

アップする時などに使える、ノンシリコンのヘアワックスがあったら教えて下さい。

アップする時であれば、セット力としては強すぎず弱すぎず、というところかと思いますので、以下のものなどがおススメ出来ます。

ナカノ スタイリングワックス

デミコスメティクス デザインキューブワックス

モルトベーネ ロレッタワックス

UP