新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃トップページ  
69 / 917 ツリー    ←次へ | 前へ→

  モルトベーネ モエモエのトリートメントについて みさぷー 15/9/19(土) 20:47

モエモエのトリートメント パール&パステル野澤 15/9/23(水) 15:08
Re:モエモエのトリートメント みさぷー 15/10/3(土) 18:50
Re:モエモエのトリートメント パール&パステル野澤 15/10/7(水) 11:04

モエモエのトリートメント
 パール&パステル野澤 E-MAIL  - 15/9/23(水) 15:08 -
▼みさぷーさん:
お世話になりますパール&パステル野澤です。
ご連絡が遅くなりました事をお詫びいたします。
ケアキーパーの単品使いは可能だと思っています。pHを弱酸性に導くバッファー成分の
クエン酸を配合ということで、キューティクルを整えるという働きがあります。
油分も比較的多く配合していますので、単品使いは可能です。
ケアキーパーは、シリコンフリーを謳っていますが、ケアセラム、デイリーセラムには
化粧品処方の初めにジメチコン表記がありますので、シリコン系トリートメントという
評価になってしまいます。
各商品の違いはということですが、ケアキーパーの一番の目的としては、ph値としてアル
カリに傾いている髪の状態を酸性にするということと油分補給によって潤い感を出そうと
しているのではないでしょうか。
ケアセラム、デイリーセラムに関しては、あまり成分的には違いがありません。
ケラチンPPT、コラーゲンPPT、ナノ化CMC類似成分、18MEAなどの補修効果もある成分を
配合しているのですが、ジメチコンの感触が強いので私としては、シリコン系トリートメント
という評価になってしまいます。
 引用なし

パスワード


・ツリー全体表示

Re:モエモエのトリートメント
 みさぷー E-MAIL  - 15/10/3(土) 18:50 -
こんばんは。

お忙しいところご回答ありがとうございました。

以前はシャンプー・トリートメントともサニッシュシリーズを使っていましたが、残念ながら廃版になってしまい、ベースケアシリーズを使ってみましたが、どうも香りが苦手で…(すみません)

現在はエスジィのトリートメントとモエモエの香りに惹かれ、シャンプーを使用しています。

年齢と(50代前半)、常にカラー・パーマのせいか、つやがなくなってきて、シリコンフリーのトリートメントだと少し物足りないのかと思っているのですが、どうなのでしょうか。
モエモエのケアキーパーかケアセラムにするか考え中です。

4年ほど前に、毛髪診断していただいたときは、まあまあキューティクルが整っているが、細くて柔らかい髪質という診断でした。


ちなみにモエモエシャンプーは何系になるのでしょうか?アミノ酸系とかなんとか。

参考にしたいのでよろしくお願いします。
 引用なし

パスワード


・ツリー全体表示

Re:モエモエのトリートメント
 パール&パステル野澤 E-MAIL  - 15/10/7(水) 11:04 -
▼みさぷーさん:
お世話になりますパール&パステル野澤です。
また返信が遅くなりましたことをお詫びいたします。
モエモエシャンプーに関しては、商品のコンセプトとして。軽い使用感で頭皮と
髪をすっきりと洗い上げますとあるように、ヘアカラーをされている方の
シャンプーとしては、洗浄力が強い感じがします。
それは成分のアルキル(C14-18)スルホン酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、
という泡立ちが非常に良い成分を配合しているからです。
残念ながらアミノ酸シャンプーの分類には属していないです。
モエモエ ケアキーパーについては、ノンシリコンタイプの商品ですので問題はない
のですが、 モエモエ デイリーセラムは、シリコン配合量が多い商品ですね。
パーマ・ヘアカラーでのダメージ対応としては、髪の成分としてのPPTを配合する商品が
本来は使用して欲しいです。
美容室で使用する特殊トリートメントになりますが、以下のような商品がありますので
参考にしていただけると嬉しいです。
パワー リバイジング+ 200ml(トリートメント)
http://shop2.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17279&item=ELC-P-REV200
ダメージによって傷ついた髪を、内側・外側から補修し、髪の表面を整えます。
摩擦によるダメージを防ぎながら、同時にサラサラ手触り抜群の髪へ!
 引用なし

パスワード


・ツリー全体表示

69 / 917 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃トップページ  
 0
ページ:  ┃  記事番号: